2019/02/12

カウンセリングのはじまり

カウンセリングとは…

「相談」「助言」「指導」などの意味があります。相談者が抱える問題や悩みを解決に導き、自分らしく生きること、心理的な安定を得ることなどが目的です。

コトバンク カウンセリング より

心理相談のこと。健常なクライアント (来談者) がいだく心配,悩み,苦情などを,面接,手紙,日記などを通じて本人自身がそれを解決することを援助する方法。精神医学では,しばしば精神療法と同義に用いられる。積極的に忠告や説得を与える指示的カウンセリングと,それを与えない非指示的カウンセリングとがある。後者は C.R.ロジャーズが 1942年に提唱したもので,クライアント中心に話合いを進め,クライアントの発言に対する一切の評価判断を差し控え,カウンセラーとの間に受容的,許容的な雰囲気をつくり,クライアントが自己洞察を深め,人格的に成長することにより精神的問題を克服していくのを援助する。


心理カウンセリングの歴史

カウンセリングの発祥は20世紀初頭のアメリカで 就職する高校生に適性を判断するため、職業指導を行ったのがはじまりとされています。工業化により経済が発展していた頃です。

急速な経済の発展に伴い、適切な判断なく就職を進めたため、転職、離職する者も多かったのです。就職先でうまくいかず、職を失った人が生活苦になったり、都市部に人口が集中 貧富の差が拡大し、犯罪が増え治安の悪化も。

そのような状況を目の当たりにした「職業指導運動の創始者」フランク・パーソンズは1908年、ボストン職業相談所を開設しました。そこでは職業カウンセリングが行われ、相談員はカウンセラーと呼ばれました。現在のキャリア・カウンセリングの原点ですね。

そして1909年には、「Chooseing a vocatin」
著書「職業の選択」をその中で特性因子論を説きました。

カウンセリングについて

カウンセリングについて


カウンセリングは主には言葉を用いて 会話、対話によりクライエントが抱える問題、心の悩みなどを解消してゆく、クライエントは自らの問題について理解し、カウンセラー、セラピストからサポートを得ることです。
カウンセリングを実施する人をカウンセラーと言い、カウンセリングを受ける人をクライエントと言います。

カウンセリング、心理療法を求める人の問題はさまざまです。仕事、職場、経営、人間関係、家族のこと、子供、ママ友との関係、学校や組織にかかわること、身体に関すること、病気、金銭面、願望を達成するためのサポートを得たい、ストレスのリリース、自己分析と成長のステップを得る、恋愛、結婚、終活 など。

訪れる方もさまざまです。男性、女性、同性愛、異性愛者に限らず多くの個性を認めています。

カウンセリングを行うカウンセラーは基礎的な心理学概論を学び、臨床心理学、社会心理学、行動心理学、発達心理学、学習心理学、精神分析、健康科学、認知心理学などの学術的な知見をもとに臨床経験を重ねます。

ゲシュタルトセラピー、家族療法等もひととおり研究して、臨床に発展を求めます。

人は生きていく上で自分ひとりで解決できないような問題を抱えるかもしれません。他者との関わりによって思わぬ事がらを抱えることもあるでしょう。

問題に対面したその時に、とても大きな課題に感じるかもしれません。
その大きな課題について、第三者である人に、客観的に冷静にその課題についてアドバイスを得ることも大きな助けになるでしょう。



また、「人は自らの中に生きる答えを持っている」という信念を得て、心の答えを見出すためのプロセスの上で、他者に新たなかかわりを得ようとするかもしれません。

身近である家族でなく、友達でもない第三者に援助を得ることの意義は、ものごとの気づきにくい側面や、自身の内なるものに対して「感情や好き嫌い」によらない導きを得ることです。

2019/02/11

「前世療法」の発展

アメリカでの「前世療法」の発展
1956年にアメリカでベストセラーになった『ブライディ・マーフィをさがして』という本があります。

これは記録に基づいたお話で、催眠研究家のM・バーンステインがコロラド州に住む女性に催眠を施したところ、彼女は前世にアイルランドのブライディ・マーフィという女性であったことが分かり、実際に確かめることができたのです。

以後、生まれ変わりの思想を持たない、キリスト教国のアメリカでも輪廻が信じられるようになり始め、『前世療法』のワイス博士の著作により、ニューエイジ的思想を持つ、主に中流階級以上のセラピーを受ける習慣のある人達に広まりました。

ヒプノセラピストは、現在アメリカでは弁護士に匹敵する職業と言われています。

参考文献
「ヒプノセラピー」米国ヒプノセラピー協会会長 A・M・クラズナー 出版社ヴォイス
「前世療法」ブライアン・L・ワイス博士著 PHP研究所



2019/02/10

スピリチュアルな視点

スピリチュアルな視点から


ヒプノセラピーを受ける段階にある人は、スピリチュアルな視点から見れば
「成長した意識が魂の知恵を得る」ために、内的自己と向き合うステップに来ています。

物質主義が主流といえるこの世界で、こういった価値観は採用されにくいものです。

しかしながら、人の霊性に基準を設ければ、たいへん好ましい経験を得る段階にあるのです。

私達は気づかずに問題を他者に押しやったり、自分は全く正しくあるというと考えや偏った倫理観や偏見、差別意識など、問題は多いのですが、私達は傷や痛みを体験して自らを学ぶ存在であります。

トラウマから学ぶ事は多いのです。
心の傷や痛みを通して、心の知恵と自己を愛する宇宙の摂理を学びます。

セラピーを受ける人は、自分自身の心の傷や痛みを受け入れる準備の出来ている段階にあります。

傷つけられた人は自分を受け入れ癒す手段として、ヒプノセラピーを求められます。ご自身でヒプノセラピーについて調べて、よく知った上でセラピストをたずねられます。

ヒプノセラピーは、宗教的行為ではありません。
魂や霊性という言葉を用いますが、それらは人に備わる超自然の意識の世界をあらわす表現の一つです。

魂や霊性を否定するとなれば、人は自らの存在を否定することになります。
もしも、ご家族の中で誰かがヒプノセラピーを必要としていたら、ヒプノセラピーで何が行われるのか、ヒプノセラピーの目的は何かをぜひ知っていただきたいと思います。



前世療法

「前世療法」は心理療法の一つ。

「前世療法」は心理療法として、アメリカやイギリスでは市民権を得ています。

いま現在日本で行われている「前世療法」と呼ばれる催眠療法は、精神科医であるブライアン・L・ワイス博士の著書『前世療法』からの影響で広まり、日本に伝わった前世を題材とした心のケア療法が主流です。


私自身もワイス博士にスピリチュアルな催眠の概念を伝えたコーチである
「パトリシア・カエタノ」氏より前世療法の講義を受けました。

カエタノ氏はサイキックでヒーラーであると仰っていました。そういったスピリチュアルな視点でセッションを行うセラピストも多数おります。アメリカでは心理療法として確立されているヒプノセラピー。

ヒプノセラピストは心理学を学んでいる修士であったり、
私的団体でもトータルでセラピーを学び、被験者からも信頼を得ているようですね。

過去生退行セラピー(前世療法)は、精神・心・身体面の潜在的トラウマを軽減する為、精神力の向上や被験者の自発的・意識的な自己啓発の為に行われるもので、
宗教的な意味を含め輪廻転生の思想をすべて肯定するものではありません。



その他にも、イメージを使ったセラピーとして子どもの頃の思い残しを解消する
「インナーチャイルドセラピー」

胎児期に戻り、出産時のトラウマを解放したり、胎児の時の安心感を再体験する
「リ・バースセラピー」があります。

セラピーを受ける人は、自分自身の心の傷や痛みを受け入れる準備の出来ている段階にあります。

傷つけられた人は自分を受け入れ癒す手段として、ヒプノセラピーを求められます。

ご自身でヒプノセラピーについて調べて、よく知った上でセラピストを尋ねられます。
ヒプノセラピーは、宗教的行為ではありません。

魂や霊性という言葉を用いますが、それらは人に備わる超自然の意識の世界をあらわす表現の一つです。

魂や霊性を否定するとなれば、人は自らの存在を否定することになります。

もしも、ご家族の中で誰かがヒプノセラピーを必要としていたら、
ヒプノセラピーで何が行われるのか、
ヒプノセラピーの目的は何かをぜひ知っていただきたいと思います。


ヒプノセラピーで体験することは

ヒプノセラピーで体験すること


ヒプノセラピーの言葉の誘導で、過去、現在、未来と交流します。過去の時間を通して記憶と感覚を取り戻すだけでなく、過去のトラウマを癒すなど、自然な意識の目覚めを体験するように導きます。

過去の心の傷、忘れてしまった出来事から悲しみや痛み、強い潜在的欲求など感情とそれに付随する意識、脳のプログラムを変容させるといわれます。
脳細胞の活性化にもつながるのでは。

大切なのは自然で快適な心の状態に導くことです。





ヒプノセラピーはホリスティックな自然療法ですから、ナチュラルに出来る範囲のワーク、こころの解放と目覚めをこつこつと続けてゆくことが肝心なのですね。

ヒプノセラピーは、代替医療や精神療法という治療法として、または自己啓発や自己の認識の拡大、精神世界の探求を目的とした催眠による心理療法です。

自己の意識の内側に存在する「潜在意識」と交流する術としてヒプノセラピーを用いています。

表面自我が潜在意識と交流して変性意識の状態となり、時間をさかのぼり心理的トラウマを緩和したり、心の奥底にある自己の欲求に気づくよう自己の内側へと意識をフォーカスさせます。

2019/02/09

催眠と心理分析


データによる報告では、心身症の患者の場合などにおいて
特に平素気にならないようなことに過敏になっていることが多く
治療師の言葉よりも別の部分に意識が向いてしまい、
治療の効果が上がらないこともあるようです。

信頼のおける治療師に相談することが確実だといえるでしょう。
気軽に心の内のことを話せるセラピストを探すことも
ウェルネスや癒しの一環だと思います。
心が軽くなれば、考えや行動も明るくなりますよね。


「夢分析」「夢診断」はご存知ですか?
夢診断は心理学をベースにしているものです。

精神分析学 フロイト

フロイトが催眠20世紀の初頭にフロイトが自由連想による深層心理を探る方法で、
「精神分析」を行いました。

フロイトはフランスで催眠を学び、オーストリアへ帰国してから催眠治療に従事しておりましたが、すべての人に対して催眠を施すことが困難なため

それまでの臨床経験に基づいて自由連想による精神分析法をうち立てたのです。

深い催眠状態に入る必要がない分析法は、反射や落ち着いた状態で連想する事象から精神の状態を判断するものです。


この「催眠分析法(ヒプノアナリシス)」は現在でもアメリカでは広く行われています。

2019/02/08

暗示を与える催眠

臨床催眠

催眠療法の方法は暗示で「トランス」を起こしている相手に治療効果のある暗示を与えます。

この暗示が、集中の状態にある相手には、潜在意識に作用が及び、普段の行動や思考を意識の深い部分からコントロールします。
催眠治療師の言動に信頼性があるかどうかが、催眠治療を受ける側の効果の程度になります。

治療を受ける人が治療師に対して不安を覚える場合は、催眠治療はうまくいかないことがあります。

何となく嫌だな、と感じる相手には、本能的に指示や暗示を拒否します。

こういったことをふまえると、必ずしも催眠は誰にでも、いつでも、うまくいくわけではありません。

「100%効果がある」とはいえない、人と人との間で行われる繊細な作業があります。

ましてや心…命に係わる心を扱う、人が普段は見せない深部をとらえるセラピーですから、じっくりと時間をかけることや、セラピストの説明があること、必ずしも言葉通りにはならない、ならなくても良い、ということを受けとめておくことも大切ですね。

信頼関係、それに相性でしょうか。

セラピーを受けるタイミングも人それぞれですね。


2019/02/07

時間退行セラピー

退行催眠療法の紹介です。



時間退行、年齢退行という呼び方をされる「現在から次第に時間をさかのぼる」
場面ごとに自分の年齢が変わっていきます。最初は現在から始めることもあります。

催眠の状態に慣れていないと、とつぜんに「幼稚園の頃に戻りましょう」と告げられると
焦ってしまうこともありますよね。最近のことなら思い出すのもたやすいかもしれません。


もちろん、セラピストの言う言葉通りに進まなくてけっこうですよ。

「昨日のことを話してください」と伝えられても、もっと前でも良いし、
浮かばないようでしたら「わからない」とおっしゃっていただいて構いません。
焦らず、次第にリラックスするのが良いですね。

緊張感が取れるまでは少し時間がかかる時もあります。お疲れの時、神経や精神が消耗
している時は、誘導の言葉で緊張の糸が緩んだのか
眠ってしまう方も少なくないですよ。


そんな場合はセラピストは見守っていることになっています。

自律神経が安定する頃には イメージも具体的になってくるでしょう。

時間退行、年齢退行は、過去を目指して時間をさかのぼる退行セラピーです。
もうすでに忘れてしまった記憶や体感覚を潜在意識から引き上げてゆきます。
催眠に慣れている方は、スイッチを切り替えるみたいにどこへでも進みます。

その頃の感覚、自然な表情を取り戻し、いつの間にか心も解放されている模様です。

じつは、潜在意識をたどり過去へ立ち戻ると「現在と過去」がつながるためなのか、
過去の自分にはなかった高い判断や理解を覚えることになります。
たとえば 過去のトラウマティックな経験があったとします。

時間退行で過去に意識をさかのぼらせ、その当時の詳細を思い出すのみならず、
自分のための判断を入れながら振り返ります。

それはセラピストが多くを誘導しなくとも、自然な体験に対する大人の見解を
お話されます。まさに、自己治癒力を発しているのではないでしょうか。

出来事がより深く理解され、「この時、自分だったらどうするのが良いか?」
という判断を後付けするわけです。

ヒプノセラピーセッションで経験することは、自分との対話だと思います。

2019/02/06

トラウマについて





親子や家族関係、夫婦や親戚など、身近な人と感情面で合わないとか 
意見が合いにくい、ということがあると、何かと物事がうまく進まず
関わりあう中で問題が出て来てしまいますね。


ヒプノセラピーやカウンセリングにお越しになる方から、ご家族との関係についてお悩みを持っている方がとても多いとうかがえます。


お父さんやお母さんが心を開ける存在ではなかった、ということや
子育てに無関心であったり、などです。親が対人関係や金銭面やお酒などの問題を抱えているケースもあります。

ヒプノセラピーにお越しになる方は、そういった家族の中で生き抜いてきたサバイバーであることがしばしばです。


誰にも詳しく話すことができず、心に多くの思いをためているのです。
大人になって、自ら考え行動することができる今、過去までさかのぼって自分の気持ちを受け入れようとされているんですね。



ほんとうに自分をわかってあげられるのは、
自分かもしれない…



過去の経験から、そう考えて
心を開くことが深い癒しと理解の道のりだと
お考えになると思います。


自分を大切にしたい、本当の自分を知りたいと願う気持ちがもとで
ご自身にとって確実な方法に出会うということですね。


2019/02/05

催眠のしくみ「潜在意識」について

催眠のしくみ「潜在意識」について


催眠療法について、さらに潜在意識について説明します。

ヒプノセラピー(催眠療法)はセラピストが言葉による誘導を行い、
心や体の緊張をほぐします。

さらにイメージや感覚にはたらきかける暗示を行います。


次第に通常の意識状態からひとつの注目(セラピストの暗示)
に対して極度に集中力が高まる状態になります。


催眠はリラックスを生み、顕在意識を休ませ、被暗示性と気づきを高め
イマジネーションを通して潜在意識にふれるプロセスである

催眠はまた、思考とイメージをリアルに体験する状況をつくりだす。

「くつろいだ姿勢で、現実への感心を薄いものにしておいて、
無意識の活動を容易にさせる」


ふだん活動している時「私」という自己を中心とした表面意識と
「潜在意識」とよばれる無意識層があります。


潜在意識には、思考を通じて思い出すことが不可能な記憶があるといわれています。


ヒプノセラピーを受けている時には、全く忘れていた過去の記憶がよみがえったり、普段は容易に思いつかないようなひらめきが得られたりすることがあります。



こうした作用は催眠誘導で潜在意識と通常の意識の境界があいまいになり、普段は潜在意識下に留まっている過去の記憶や感覚が呼び覚まされるために起こります。



「ヒプノセラピーは潜在意識にはたらきかける」と表現されるのは、


普段は表に現れにくい潜在的な資質を引き出すためです。






催眠を用いたセラピーでは、心、意識に焦点をあて、原因の分からない不調の病因を探ります。


時間をさかのぼり、幼児期や胎児期、過去生を体験する
「退行セラピー(退行催眠療法)」は

潜在意識から呼び覚まされた記憶から

当時の感覚を思い出すと同時に思い残しや心の傷を解消するアプローチを行います。

2019/02/04

ヒプノセラピーの体験の仕方

ヒプノセラピーは、セラピーを受ける方がご自身で感じていただくセッションです。

暗示誘導のとおり、セラピストの指示どおりに見えないのでは?という不安を持たれる方が
多いですね。

「見る、見える」ことを意識しすぎると 緊張でこわばってしまうかもしれませんよね。

実は「見る」または「見える」ことが重要なのではないのです。

感覚で「感じる」ことや感情で「とらえる」など、ヒプノセラピーの体験の仕方にも
人それぞれなのです。
映像で「見えない」と思っている人でも、催眠(変性意識)に慣れてくると
いつのまにか映像化して見えていた…ということもあります。

言葉による誘導のみ、ご本人の心と記憶の世界に入って感じてゆくワークですので、
体験の仕方も、ほんとうに人それぞれです。

ヒプノセラピー前の最初の説明をお聞きいただければ、
催眠状態に関する不安も解消できると思います。

ヒプノセラピーは安全で効果的な癒しと啓発のワークです。

とくにインナーチャイルド=内なる子どもの意識 のセラピーに関しては、
ご自身の内面にある見えない心の傷つきから、次第に癒しと自己理解を
進めてゆき、中心感覚を確立させてゆくことで
生きる目的や課題までを垣間見ることができるかもしれませんよ。




ヒプノセラピーは、心に優しく意識を目覚めさせる強力なワークといえます。
セッション後には潜在意識とつながりやすくなり、脳の使い方も変わります。
心のデトックス、意識変容に役立つワークです。


2019/02/03

ヒプノセラピーで生理痛が解消?

催眠によるセラピーを体験した後に、
身体的な症状を解消することも多くみられます。

軽いものでしたら一回の施術で自然に良くなり、
それまでの不快は何だったんだろう、
と思うくらい変わってしまうことがあるようですね。

心の状態、気持ちが変われば
体も変わってしまいますから

精神的な問題が具体的に解決されれば
体も良くなって、気や血のめぐりも良くなってくるわけです。

特に女性は、精神的なストレスが元で
体の調子が悪くなるという報告をいただきます。

女性特有の症状があるけど、
薬に頼るのは…
毎月のことで憂うつ、という方もいますよね。

対症療法としての催眠は医療催眠で施術されます。
緊張や震え、パニック症状や赤面など、神経を整える
心の緊張をほぐすよう誘導されます。

私の施術は医療催眠とは異なります。
暗示を受けるよりも、自分でかけた暗示、他人からかけられた暗示を
「解く」のがヒプノセラピーだと考えています。




たとえばネガティブな暗示になりうる言葉を繰り返しかけられていたら、
その言葉を感覚で記憶して、次第に自分で考える言葉
自分自身に対する価値観や考え方に変わり、定着します。

その暗示を解くのがヒプノセラピーであると
最初に私は先生から習いました。

「たまねぎの皮をむいてゆくように 暗示ははがれてゆく」
と教えていただきました。

ヒプノセラピーによって「意識」「心の持ち方」
から変容してゆくことになります。

意識、心の持ち方を変えるとどう変わるのか?

まずは体に現れてきます。
呼吸が深くなり、
ゆったりとした感覚と
視野が広がったような感じがあります。

ついでに生理痛も治った!という方も多いですよ。
肩こり、疲れ、だるさも解消
睡眠も深くなるということです。

これらは「自律神経」系統の調子が整えられて
体の機能が向上したせいであると考えられます。

さらに、
意識・気持ち・体が変われば運も変わりますね。

セラピストの私が経過観察を行わせていただいている中で
気づいたことですが、

体が良くなれば運が良くなりますよね。

「悩みは変化の前触れ」です。

過去を見つめて癒しを与えることで知恵もつきますし、
心ももっと豊かになります。

癒しを経験すれば小さなことで悩まなくなるかもしれないですね。

自分のために今、何をするかによって将来が変わるのではないでしょうか。