2019/02/09

催眠と心理分析


データによる報告では、心身症の患者の場合などにおいて
特に平素気にならないようなことに過敏になっていることが多く
治療師の言葉よりも別の部分に意識が向いてしまい、
治療の効果が上がらないこともあるようです。

信頼のおける治療師に相談することが確実だといえるでしょう。
気軽に心の内のことを話せるセラピストを探すことも
ウェルネスや癒しの一環だと思います。
心が軽くなれば、考えや行動も明るくなりますよね。


「夢分析」「夢診断」はご存知ですか?
夢診断は心理学をベースにしているものです。

精神分析学 フロイト

フロイトが催眠20世紀の初頭にフロイトが自由連想による深層心理を探る方法で、
「精神分析」を行いました。

フロイトはフランスで催眠を学び、オーストリアへ帰国してから催眠治療に従事しておりましたが、すべての人に対して催眠を施すことが困難なため

それまでの臨床経験に基づいて自由連想による精神分析法をうち立てたのです。

深い催眠状態に入る必要がない分析法は、反射や落ち着いた状態で連想する事象から精神の状態を判断するものです。


この「催眠分析法(ヒプノアナリシス)」は現在でもアメリカでは広く行われています。

0 件のコメント:

コメントを投稿